ギターはじめ>ギターのドロップDチューニングでヘヴィなリフを奏でる秘密

ドロップDチューニングについて
ノーマルチューニングから6弦の音を
1音下げて、Dの音にすることを
ドロップDチューニングと呼びます
完璧に低い音だけを6弦で作ることで
音をより重く厚い音を鳴らすために
用いられています
ヘヴィメタなどでよく使われる
チューニングではないかと考えられます
よりパワーが欲しいときに用いる

コード進行などが可能です
よくヘヴィリフなどで
このドロップDチューニングが使われている
イメージがあります
それはなぜかというと普通は
パワーコードを弾くとき2本の指で
押さえなければいけないところを
指1本で押さえることが出来るのです
そうすることで、簡単にパワーコ−ドが
弾けるようになり、リフ作りに没頭できます

ヘヴィなリフは出来ましたが、
5弦から1弦までは、ノーマルチューニングですから
リフだけより特徴ある音楽が期待できるのがいいですね
ドロップは他にもダブルドロップDチューニング
なるものもあります
こちらは、通常の6弦ではほぼムリがあって
設定してもフレットに触れてしまい
ビビリ音が鳴ってしまいかなりのノイズが入り込んでしまいます
こちらは、ほぼヘヴィでもシャリシャリかんのある
リフが出来ると思います

ギターはじめ

トップページ
ギターとは格好いい始まりから成功する方法
ギターの種類や特徴を把握してギターを選ぶコツ
練習をあることに置き換えてギターを弾く一番の秘密
目標を定めてステージに見合う練習をする方法
ピックの種類と弾きやすさを選ぶコツ
ギターストラップのオススメの選び方と付け方のコツ
安心して安定感あるギター弦を選ぶ方法
ギターチューナーのおすすめでギターを正確に合わせるコツ
ギターケースでオススメはハードそれともソフトを選ぶコツ
ギターシールドは違いや長さで音質が変わる秘密
アンプでオススメと音作りで選ぶ秘密
メトロノームの使い方でリズムを正確にきざむ方法
カポタストでギターをサポートする方法と種類を選ぶコツ
ギターポリッシュを使い方一つで長くギタ−を愛用するコツ
ギタースタンド1つでギターの大切さと大事さを知る方法
クラシックギターから学ぶギターの原点と応用された秘密
アコースティックギターでオススメの楽器は音色の美しい秘密
エレアコとアコギの違いは外見と音質の見分ける方法
エレキギターの憧れを知り物にしていくコツ
ギターのヘッドと形状でメーカーの一部が分かる秘密
ギターペグの種類で弦を支える日本の技術と秘密
ギターナット種類と交換、弦を支えている力持ちをよくする方法
ギターネックの反りを確認するコツと対処方法
ギターフレットとは音階を知る基本的な要素とコツ
フィンガーボードでギターの素材で音質が変化する秘密
ポジションマークとシールで目印を把握する理由と方法
サウンドホールのギターは特徴ある穴の秘密
ボディのサイズで音が変わる秘密
ピックガードひとつで製造やシールでおしゃれな方法
ギターブリッジで浮いたり高く設定を弾きやすくするコツ
ストラップピンをつけることでギターの演奏が安定する方法
ギターチューニングの方法は一つではない迅速にするコツ
ギターチューニングをチューナーで調整する方法
音叉を使いギターのチューニングを合わせる方法
オクターブチューニングという方法でギターの音程を合わせるコツ
変則チューニングの種類と方法で劇的に上手くなるコツ
半音下げチューニングのメリットと演奏方法
オープンチューニングでカントリーやブルースに音色を変える方法
ギターのドロップDチューニングでヘヴィなリフを奏でる秘密
アコースティクの弦を交換するはじめのコツ
ブリッジピンを優しく扱うコツと抜く方法
ギターの弦を交換する時ペグから外す順番とコツ
お掃除をすることでメンテナンスを心がける方法
ギター弦の張り替えで注意するポールエンドの秘密
ギター弦をペグで上手に巻くコツ
ギター弦を張替えで最後に注意するコツ
エレキギターのアンプは音なしより音ありに限る秘密
ギターアンプで音を出す原理は電気信号という秘密
アンプと真空管をこだわりの秘密
トランジスタアンプでギターの歪みを知るコツ

その他

リンク募集中